■親に虐待された100人の手紙本の出版を応援してください!

 『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)という本を出版し、日本から児童虐待をなくそうというプロジェクトが佳境を迎えている。

 「親への手紙」の公募の〆切が6月30日(金)と迫っているが、同日までに本を制作するための400万円を調達しようと、先払い購入寄付を呼びかけ、その総額は日々増えてはいるものの、残り1週間となる今日(6月23日)の時点で、65万4000円しか集まっていない。

 それでも、この本の企画編集者である僕(今一生)は、絶対にあきらめない。
 「どうせ無理」なんて声は、信じない。
 子どもに対する虐待を止めたい人は、僕だけじゃないはずだから。
(きみだって、いつまでも親が子どもを虐待する社会なんてイヤだよね?)

 水面下では、企業経営者に手紙やメールを出しては返信なしだったり、各界の著名人に連絡してみても目立った成果はまだ得られていない。
 孤軍奮闘のように見えて、ネット上にはこのプロジェクトに共感し、先払い購入寄付のリンクを拡散してくださる方が少なからずいる。

 

★「親への手紙」を書いて応募する
★先払いで本を買う!
★買わずに出版制作費へ寄付する


 だから、そういう「子どもへの虐待を無くしたい!」という志を分かち合えるみんなと、ちゃんと本が出版できるまで呼びかけていきたい。

 そこで、これまでにこのブログで書いた「親への手紙」に関する記事を並べてみる。
 以下の記事を読んで、共感してくれたら、ぜひシェアしてほしい。

 

虐待をやめさせる本の制作資金に購入&寄付を!

■6月30日までに、340万円を集められるか?

「親への手紙」は届けたい相手に匿名で贈れます

児童虐待という犯罪をいっしょに減らそう!

英雄、募集。 ~300万円で児童虐待のない日本へ

子どもを守る文化を作れるのは、企業経営者だけ

■児童虐待をめぐって 対談◎今一生&堀潤

なかったことにしたくない虐待 ~東小雪さん

■企業の経営者さまへ ~児童虐待ゼロを社内から

「親への手紙」 公募・購入・寄付のチラシ配布中

■5日間に1人、子どもが親に殺される国

「親への手紙」出版プロジェクトに同僚を誘おう

柏木ハルコさんからの応援メッセージ

「親への手紙」の出版は、あなたの先払いで実現

虐待された方の「親への手紙」の出版を助けて!

経営者の方へ ~児童虐待は想定外の経営リスク

■猫写真とビートルズの歌詞コラムのコラボ本!

猫とビートルズ

猫とビートルズ

 

■12月3日、埼玉で講演『会社に殺されず、生き残るために』

 2016年12月3日、埼玉県の狭山市駅前で講演します。

 電通自殺をふまえて、「会社に殺されず生き残るには」をテーマに、

自分で自分のやりたい仕事を作り出すための発想と事例を話します。

 

 以下の様な方が対象です。

★低学歴層(※低偏差値の大学を含む)

★高校生以上の障がい者・病人

★上記の方がを支援・教育する仕事に就いている方

★会社に雇われないで働きたい方

★自分が面白いと思える作業を収益化したい方

 

 前売り予約は、11月27日で一度〆切りますので、

予約料金で参加したい方は、今すぐ

下記リンクのブログ記事へ。

con-isshow.blogspot.jp